いろいろな思い

 

春休みまで、休校の措置を・・

 

発表がありました。

 

国民の安全を確保するため、

苦渋の決断であったと思います。

 

我が家の長男は6年生。

残り少ない小学校生活を

6年間ひとクラスで過ごしてきた大好きな仲間と

思い存分すごさせてあげたかった。

こんな形で

スパッと断ち切られるなんて

悲しすぎます。

 

最終登校日となった今日。

何を思い、何を話しているのでしょうか。

 

卒業式だけは、ちゃんとしてあげたい。

いままでよく頑張ったねと

みんなで褒めて

みんなで語り合いたいのに

それさえもできない可能性もあるようです。

 

こんなに胸を締め付けられる思いなのに、

昨日、我が家の長男は

「もう美味しい給食が食べれんのかぁ・・」

ですと。

学校自慢の手作り給食が大好きな長男。

照れ隠しなのか、ピンときてないのかわかりませんが、

本心であることには間違いなさそうです。

 

いつの日か、「すごい年に卒業したね」と

笑い話になる日が来ることを願います。

 

この状況が

早く終息しますように・・

 

 

いつもありがとうございます。