お彼岸ってなぁに?

 

お彼岸ですね。

 

築上町にある「知恵の文殊様」こと、正光寺さまの様子。

白い彼岸花で有名です。

 

紅白のコントラストも素敵。

 

 

突然ですが、「お彼岸って本来どんな日?」

ふと思い、調べてみました。

 

**************

お彼岸の期間は、

3月21日の「春分の日」と、9月23日の「秋分の日」の

前後3日間を合わせた7日間です。

それぞれの初日を「彼岸入り」、

終日を「彼岸明け」、

春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」といいます。

仏教では、ご先祖さまのいる世界<極楽>を「彼岸(ひがん)」、

いま私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」といい、

「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。

3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、

真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、

この時期に先祖供養をするようになりました。

 

お彼岸の期間の7日間は、

中日がご先祖さまに感謝する日、

その前後6日間は、

人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断し、

正しい行いができるようになるための次の6つの行い

 1.分け与える

 2.規律を守る

 3.怒(いか)りをすてる

 4.努力する

 5.心を安定させる

 6.智慧(ちえ)をあらわす

を1日に1つずつ行う大切な期間です。

**************

 

なるほど。

 

ご先祖様をしのび、ぼた餅や おはぎ をお供えするための日

だと思っていました。

反省・・

 

 

明日から3連休という方も多いのでは?

皆さん、6つの行いを達成できるよう、頑張りましょう!!

 

良い連休をお過ごしください🍀

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

棚板一番

 

DIY木材センター

コメント