忘れられない卒業式になりました

 

3月18日。

息子が通う小学校で卒業式が執り行われました。

 

本来なら、沢山の方々に見送られるはずなのに、

今年は、卒業生と先生方と保護者のみ。

椅子は1m以上の間隔があけられ、マスク着用。

独特な雰囲気の中、

「卒業証書授与」と「校長先生のお言葉」のみがありました。

 

粛々と式が終了し、

最後に担任の先生からの、愛のこもった挨拶が終わって

あっけないな〜・・なんて思っていたとき。

 

子供の一人が

「ちょっとまった〜!!」と。

・・なになに??とざわつく保護者。笑

 

これを合図に、

子供たちからの担任の先生への感謝のメッセージと

感謝の替え歌が贈られました。

 

これには、大人はみな涙腺崩壊。

・・マスクしてて良かったと思いました・・

 

とても厳しい先生だったけど、

そこに愛があることを子供たちはわかっていました。

良い先生との出会いに感謝。

こんな機会を作って下さった学校の先生方に感謝。

そして、子供達。

限られた状況のなかで、

大人もびっくりするサプライズが出来るほど

成長してくれてありがとう。

 

この大変な状況なんてなんのその。

前を向いていくことの大切さを

子供たちが教えてくれた気がします。

 

負けてられない。

 

がんばろ。

 

 

いつもありがとうございます。